農機を売ってみよう!

農業をしているところは、農機を使って作業をすることも多いです。農機がないと作業が捗らないということもあるため、不具合が出る前に買い替えを検討するところも少なくありません。もしも、新しいものに買い替えようと思っている方は、処分しないで買取を検討してみるといいです。

同じ農機でも違う?トラクターとコンバインの買取価格

トラクターの場合

農業用トラクターは、畑を耕すときに使用されたり、肥料を撒く時に使われたりします。そのため、大きな畑を持つ農家にはなくてはならない存在です。買取価格は幅がありますが、5万円程度という値がつくこともあれば、50万円以下~90万円ほどとなることもあります。

コンバインの場合

コンバインは、お米を作っている農家で使われていることの多い農機です。この農機一機あれば、収穫や脱穀、選別までできる優れものです。コンバインの買取相場は、30万円台~80万円台が多いようです。ただ、メーカーなどによって買取額に差があります。

トラクター

トラクターを売るなら高く売ろう

農業をしているところで活躍しているのが、トラクター。今まで使ってきたトラクターを売りたいときは、なるべく高く売るようにしましょう。そのためには、査定の際に業者が見ているポイントを知ることです。業者は、「メーカ」「型番」「駆動タイプ」などを見て査定価格を付けます。ですから、まずはどこのメーカーのトラクターなのかを今一度確認してみましょう。メーカーによっても買取額に差が出てきます。そして、次に型番や駆動タイプをチェックしておくべきです。型番はボディに書かれていることがあります。泥がついている場合は、よく落として確認してください。駆動タイプとは、タイヤが2駆か4駆かを見てみると良いです。

稼働時間に注目を!

トラクターを買取に出すときは、稼働時間にも注目しておくべきです。稼働時間は、その名の通り使用していた時間と考えて問題ありません。使用時間が短いほど、状態が良いと判断されるので、稼働時間は査定をするときに必要になってきます。稼働時間の確認方法は、メーターを見ればわかります。多くがアワーメーター数というものを査定時に申告することになるので、予め確認を取っておくとスムーズです。

オンライン査定で楽々

トラクターを買取させる場合、査定をまずはお願いすることになります。査定の方法にもいくつかあり、電話やFAXでもできるでしょう。しかし、もっと手軽な方法がオンライン査定です。買取専門業者のサイトから、専用のフォームに必要事項を入力して送信するだけで査定依頼が完了するというものです。その際は、名前や住所の他に、売りたい農機やモデル、メーカーなども入力が必要になるので、覚えておきましょう。

広告募集中