HOME>アーカイブ>お世話になったダンプを査定してもらおう!

ダンプを売る前に種類を知ろう

ダンプは、土や砂などを運ぶ時によく使用される荷台付きのトラックです。そのため、工事現場などに必要となることが多いですが、実はダンプといってもいろんな種類があります。このダンプの種類は、買取査定を依頼するときでも役立つので頭に入れておきましょう。なぜなら、ダンプの種類によっても、需要の高さが違うからです。査定金額を予想することもしやすくなるので、知っておいて損はありません。

一種類だけじゃなかった!ダンプの種類一覧

  • 深あおりダンプ
  • 特殊ダンプ
  • 土砂ダンプ

需要に注目して売る

ダンプカー

買取金額というのは、需要の高さによって変動しやすいです。需要が高いものほど、高く売れるのでその点に注目して売るといいでしょう。まず、ダンプの種類別に需要の高さを把握しておくのがおすすめです。土砂ダンプは、国内外問わず人気で需要が高いです。特に建築ラッシュとなると、大型の土砂ダンプが必要とされ、中古でも欲しいと思う方は多くいます。そして、土砂ダンプと反対の土砂禁ダンプ。こちらは、深あおりダンプの1つで多くのものを運べるようになったダンプです。しかし、土砂が積めることはできないため、利用する人が分かれやすいです。ただ、荷物の運搬や産業廃棄物を運ぶ際などにはもってこいのダンプなので、こちらも需要が高めで査定では良い値が期待できるでしょう。

故障しているダンプでも諦めるな!

ダンプカー

ダンプを売りたいけれど、故障していると諦めている人もいるでしょう。しかし、諦める前にまずは見せてみるべきです。車でも事故車が売れることがあるように、ダンプも故障していても買取に応じてくれるケースがあります。そのケースとは、部品やパーツが使える場合です。車体本体が使えなくても、パーツなどが使えることができれば買取額が付きます。主に、修理用に使うための部品やパーツとして使用されるので、故障したダンプでも使い道はあるということを知っておきましょう。

広告募集中